スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Yellow Gold Tour 3010」無事終了

2010年12月02日 04:18

 
無事、NY行って帰ってきました。
もう1週間も前ですけど(爆)

「Yellow Gold Tour 3010」も盛り上がって終わってなによりと思っています。
あの場所にいたなんて、我が事ながらいまでも現実味がない(笑)

アメリカだよ?
ニューヨークだよ?
ないわ!(≧∇≦)

「あれほど海外に興味のなかった人が仁のライブを見るためにアメリカ行っちゃうとか、すごいわぁ……」
と他人事のように思う(笑)

まぁ、海外については心境の変化もあって今はおもしろいと思ってるんですけどね。
時間と金があれはすぐにでも行きたい。
あ、NYだけじゃなくてね。

レポするよりしっかり自分の目で見たい、確認したいという気持ちがいつになく強かったので、この先にライブのご報告ご参考となるようなレポはありません。
メモやその他気を取られる時間があるなら見ていたかったので。


NY公演、本当に盛り上がっていたし、想像以上に日本人以外も多かった。
そして何よりライブが素晴らしかった!
やっぱ仁すごいなー好きだなーって再確認。


レポではなく“感想”です。
時間も経っているので、おそらく自分の中で再構成されて盛られたりしている部分もあると思います。

お読みいただく場合はそのつもりでお願いします<(_ _)>
 
 
 
 

 
TimesSquareの大型ビジョンはただただ感動しました。
もー途中で涙出てきたし。
…どういう経緯でMTV IGGYに出演することになったのかはさておきね。

週末の夕方、あの空間に赤西仁の映像が映し出され、それをこの目で見る事ができて。
仁が緊張してるのは伝わってきたけど、とっても良い表情、笑顔してた。
本人緊張しいって言うけど、緊張するのって悪い事ばかりでもないよね。
体硬くなったり声でなかったりは困るけど、緊張感でモチベーションあげることもできるし。
いわゆる「本番」とか「決めどころ」で外さないのが仁だと思ってるので、こっちもドキドキしながら見てたけどそういう意味での不安とかは特になかった。
それより、入国審査と渋滞で放送に間に合うのかハラハラしてたし(苦笑)

ぜひ日本でも番組放送してほしいけど、そうなったら契約しないと見れないんだよねぇ。
放送するならあたしの環境では工事要るので早めに教えて欲しい…。


翌日のBest Buy Theaterでのライブは……正直記憶が飛んでる(゜∇ ゜)
ものすごく楽しかったし嬉しかったし感動したし泣けたしいろんな感情があふれたのは覚えてるんだけど、仁が何してたか何言ってたかさっぱり記憶にない。
後で人様のレポ読んだり聞いたりして「あ~そういえば…」っていう状態(笑)

仁は頑張ってた。(ま、当然なんですけど)
歌もダンスも、日生からかなりブラッシュアップしてるなという印象。
語彙がなくて申し訳ないけど、とにかくかっこいい(笑)
久しぶりにゾクゾクきたし。
下から見上げる角度だったからかもしれないけど、ハットが浅めでちゃんと眼まで見えてたし。
他キャストとの絡みも可愛いかったけど、あれはなぁ…。
個人的には多少「そこでそれ要る?」って思う場面もあった(苦笑)

最初と終わりかけの2度ほど、座ってるお客さんに「立って立って~(もちろん英語)」って声かけしてた。
最初の方は、立ってくれるのかな…と心配になって後ろ見てたら大半の方が立ってくれててホッとした。
後半のときはそんな余裕なくて見てない(笑)


ひとつはっきり覚えてるのは、アンコールの「ETERNAL」の最後、ゆっくりじっくり時間をかけて会場中を見渡してる仁の表情。
あんな激しいライブ直後と思えないような静かで落ち着いた顔してた。
二コリとするでもなくふざけるのでもなく照れるでもなく、とても真摯に会場のファンに向き合ってる気がした。
いや、あの会場にいた人たちだけじゃなくて、その前の4公演、LAのプレ公演、壮行会、これまでのコンサートに来てたファン、日本で待ってるファンすべてに向き合おうとしてるのかなとも思った。
何を考えてるのかな…と思ったらまた泣けて泣けて…。


アリーナクラスやドームと比べたらとても小さい会場だから仁との距離は近いんだけど、よくわからない遠さを感じた。
似たキャパの日生では特に感じなかったんだけどな。
変わってないのに、物理的な距離が近いのに近づけない感じがして余計に遠いというか…。
うーんうまく言えない。
個人的にはあまり近い距離を望んでいないのでそれはいいんだけど。
ライブ中も「これから仁はどうするのかな…」とか余計なこと考えてたからかも。
このツアーは貴重な経験の1つだけど、それに固執し過ぎて欲しくもないなぁとか。
盛り上がり方とかあまりにも日本と違うのでね…。


タレントへの接し方とか、日本と海外の違いはしみじみ感じた。
仁へのプレゼント渡したら本人へのメッセージをビデオで撮ってくれるとか…。
ああやって撮影した映像ってどうしてるんだろ・・・。

日本で遠征しても沖縄も北海道も観光ほとんどしなかったのに、今回は時間の限り観光してみた^^
ライブしたのがどんな土地なのか知りたかったのもあるけど。
もっとちゃんと見たいところばっかで、もう1週間くらい居たかったなぁ。


色々“はじめて”が多かった旅でしたが、自分のジャニコン参戦史上もっとも疲れたライブでもあった(苦笑)
偶然現地で合流できたお友達とご一緒させていただいて協力しつつではあるけど、何時間並んだんだろ…。
あの状況だからこそできたことなので、もう同じ事しろって言われてもイヤ!ムリ!(爆)

スタンディングはいいけど、ブロック分けや整理番号のない入場方法はキツすぎる。
あんなの日本でやったら徹夜組続出でとんでもないことになるから絶対にやめてほしい。
疲れたら座れる椅子あり席は大事ですよ、もういい歳なので(笑)


NYで友達や知り合いと会うのも不思議。
日本ならまだしも、異国の地でだよ?(*`▽´*)
ま、オタはどこへでも出没するってことですね(爆)
知ってる顔が何人もいて心強かったし安心できました。
お話したり食事したり色々助けていただいたりありがとうございました。
「次はたまアリでお会いしましょう」が決まり文句的(笑)



すべて含めて、NYへ行って良かったです。
本当に楽しかったし一生忘れない思い出になった。
…これは冗談じゃなくてマジで忘れないと思う(笑)

仁のこと、これからの自分のオタスタンスを見直す機会にもなったしね。

これからも、自分の心(欲望ともいう…)に正直に、マイペースに仁を応援して見ていきます。
  
 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。