スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サマスペ①

2006年08月17日 22:51

『関ジャニ∞ サマースペシャル2006』に参戦してきました♪

参戦したのは、下記の3公演です。
・8月16日の14時・18時公演
・8月17日の10時

我ながら、エイトのチケ運は素晴らしい!
仕事が休めない日もあったので、ちょこちょこ調整もしましたが。

16日の14時は1階後方花道横、18時は通路脇センター一桁、17日は2階桟敷前方。


イロイロ衝撃がありすぎて、個人的にツボったところしか記憶にないので、かなり偏ったレポです。
いや、レポというより感想ですね。(;^_^A アセアセ・・・
クレームは、あたしに衝撃を与えたメンバーにどうぞ(笑)

順序逆ですが、お芝居部分のレポ感想から行かせて頂きます。
いや、ショータイムの方が長くなりそうだったので(汗)



お芝居部分については、皆さんがレポされてるものとそれほど変わるものではないと思うのでかなり省略(ぇ)。
いつものことですが、順不同です(汗)

まず、コレキヨ(マル)のアドリブシーンが毎回楽しくて楽しくて(o^∇^o)
好きなクラシックの作曲家について、14時は「ロド」という1988年生まれのイタリア人。
紹介した曲は「光」というらしい。
ケン(亮ちゃん)に、「俺より4歳も年下やん!」って突っ込まれてた(≧∇≦)/ ハハハ
そんなに若いクラシックの作家有名人なんて、なかなかいないよねぇ?

18時は、「ishida」という日本人で、曲名は「ピ」。
何故か「石田」でも「イシダ」でもダメで、「ishida」なんだって。
ここで「石田勇也」を連想したKAT-TUNファン手上げて~?
ハーイ(^O^)/(爆)
ケン(亮ちゃん)はウケ過ぎて、おなかピクピクさせてた(笑)
あ~可愛い可愛い
17日は「カトウタカオ」と「イトウイサム」と「キクチ」さん。
コレキヨ(マル)は「キクチ」さんの曲をやろうとしてたのに、ケン(亮ちゃん)は「カトウタカオ」が聞きたいって。
曲始める前に妙な間があって、「今考えてんのか!」って突っ込まれてた。
誰の曲だって同じじゃないの~?(ΦωΦ)ふふふ・・・・

その後、ケン(亮ちゃん)はそっけない素振りのお芝居するんだけど、コレキヨ(マル)に「けっこう気に入ってるくせに・・・」って言われてた。
あれだけウケてちゃあね?
あたしにも負け惜しみにしか見えなかったよ(笑)
コレキヨ(マル)に一票!

コレキヨ(マル)が妙にイイ声で恐ろしく変な曲歌うから、面白すぎて面白すぎて。
笑いながら手叩きすぎて真っ赤になっちゃったよ。
マル最高だ~(○゜ε^○)v ィェィ♪

文字ではあの面白さをお伝えできないのが残念でしょうがない!

噂の、ケン(亮ちゃん)とカルラ(美少女)が抱き合うシーンはけっこう平気でしたね。
抱き合う前に照明落とされて真っ暗になっちゃってたので、遠くからではホントに抱き合ってたのかはよく分からなかった。

前列で見たときは、残念ながらはっきりくっきり二人が抱きしめ合ってるのが見えてしまいましたが(笑)
お芝居上の演出ですから、過剰に反応する必要はないし。
他の方のレポを読んで、このシーンで声かけたり・・・・・・とかがあると聞いて心配してましたが、私が入った回ではみなさん落ち着いて観劇されていてマナーは良いほうだったと思います。
あくまでも私から見えたり聞こえたりした範囲内ですけどね。

このシーンの前の亮ちゃんのソロはやっぱりイイな~、亮ちゃん好きだー!って再確認しました。
あの曲の流れでカルラ(美少女)のシーンに続くのが妙に悔しかったり。
次のアルバム辺りでCD化希望その一。
(そのニとその三もあるので・・・・・)

歌い方とか声については好みだと思いますが、エイトの中では亮ちゃんが一番好きです。
あのちょっとハスキーな感じの声はたまんない。
妙に情感があるというか。
すばるも歌の上手さは凄いし表現力も素晴らしいと思うけど、あたしの好みとはちょっと違う。
すみません、話が逸れました(汗)

ケン(亮ちゃん)とシュンジ(たっちょん)が仲直り(?)するシーン。
ケン(亮ちゃん)がカルラ(美少女)のアザを知っていたことについて言い訳するんですが、16日14時は「一回だけだから」って(≧∇≦)/ ハハハ
18時と17日は「途中までだから」って言ってた。
途中まではまだしも、「一回だけ」は言い訳になってないから!
たっちょんが妙にお兄さんぽくて微笑ましい・・・・・って言えるほど、会話の内容は和やかなじゃないんですけどね(笑)

最後の方の島民との宴のシーン。
ケン(亮ちゃん)とカルラ(美少女)の立ち位置(座り位置)を逆にした方がいいと思うんですよね。
奥にケン(亮ちゃん)で、手前にカルラ(美少女)じゃ、ケン(亮ちゃん)が見えん!(-_-メ;)
二階席の時はしっかり見えましたが、ニコニコ可愛く笑ってるんだもん。
みんなに見せないのはもったいないよ~
絶対にみんな見たいって!!


とりあえず、お芝居部分の今思い出せるツボのみの感想です。
お芝居全体の感想としては、あの短い時間に色々な要素を詰め込みすぎでもったいない・・・・・・というのは正直なところです。
せめて2時間くらいでやれば、出演者も表現したいことを十分に伝えられるだろうし、観客もそのメッセージを受け止めることができるんじゃないかなと思いました。
その時は、3幕構成でお願いしたい(笑)

自分でも↑を読み返しましたが、ストーリーに沿ってないので、見てない方にはわけの分からないレポかと。
すみません。
なにぶん、記憶力と文章力と構成力がないのでご容赦を・・・・・


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bewonderfuldays.blog74.fc2.com/tb.php/9-f1213ff5
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。