スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!映画「BANDAGE」公開

2010年01月16日 23:59

 
映画「BANDAGE」公開、おめでとうございます。


いや~めでたい!(≧∇≦)

無事に本日を迎えることができて本当に嬉しい。
映画館で鑑賞できて、本当に幸せです。





 
……ということで、観てきました。

BANDAGEに始まり、BANDAGEで終わった一日だった(笑) 


予定ではジャニショも行くつもりだったけど、土曜&嵐コン日なのを甘く見てた(苦笑)
あの程度、東京に比べたらたいしたことないと思うけど、名古屋で並ぶのは何か嫌なので延期。


 
今日は朝と夜の2回観たので、試写含めてもう3回か。
うーん、けっこうなハイペース(* ̄m ̄)


回によって入ってるお客さんが違うわけで、そうすると客席の雰囲気も変わるのがおもしろい。
色々反応するポイントが違ってて、ちょっとツボった(笑)




※※ネタバレありなので、これから観る方はご注意を

 
  
 
 
 
 

 
 

 
最初と最後にスクリーンに映る「赤西 仁」という文字。
何回見てもジーンと、ウルっとくる。

 
観るたびに、色々感じることが増える。
新たな発見もあるし、やっと理解できたこともあるし、勘違いに気づいたこともある。
何度観てもおもしろいって思えるのは素敵だなぁと。


『Olympos』を聴いてから映画を観て、また印象変わったことも多い。
もちろん良い意味で。

特に、[元気 ska version]がそう!

この曲、最初に試写で聴いたときは正直なところ、「え・・・」と思った。
タイトルもskaも歌詞も、すべてがよくわからなくて。
ライブシーンも「え~っと…」ていう印象。
特に良いとは思わなかったんだよね。

それが、『Olympos』で聴いたらめちゃめちゃイイ!
朝フラゲした後、通勤中の車内で聴いて号泣して化粧崩れたし(笑)

で、今日改めて映画で聴いたら、最初の印象はどこへ?ってくらいにイイ。
泣けるもん。
CDで聴いても良いけど、映画はまた格別。


それとはまた違ってたのが、[二十歳の戦争]。
コレ最初聴いたのって、予告だっけ?
映像付きで聴いた時の衝撃が凄かったんだよね。
劇中&フルで聴くのが本当に楽しみだった。

なのに、『Olympos』で聴いたときは期待以上でも以下でもなく。
なんていうか想像通りで、あれ~~?と思ってたんだけど。

でも、やっぱり、劇中で聴くとハンパない。
映像付き&その映像が最高ってのが大きいと思うけど、本当にいいんだよね。
本当に最高にかっこいい。
ゾクゾクした。
…それがナツになのか仁になのか、分からなくなってくるけど。

結局、劇中で聴いたらイイってのは同じなんだけどさ。


喫煙シーンがあれほど様になるのは現役アイドルとしてどうかと思うけど、
イイもんはイイからしょうがない。

アサコとのキスシーン……というか、
キスに至るまでの一連シーンは言いたいことがありすぎて説明するのが難しい。
一言で言うと、めっちゃ楽しい(笑)
客席に恐ろしいほどの緊迫感があって物音一つ立てられなくて気疲れするし、逆に笑いたくなって困った(笑)
まさに“固唾をのんで見守ってる”(笑)


他にも、個人的には色々突っ込みどころ満載なんだよね。
PVだかなんだか知らないけど、[勇気]っていうタイトルで、あの歌詞で、アレはない(爆)


ラストシーンは、毎回泣ける自信がある(*´▽`*)
失礼ながらストーリーにどうとかではなくて、
「赤西仁はかっこいい」「赤西仁は最高」「あたしは赤西仁が好きだーっ!」ってことを再確認できて、
大きな幸福感と満足感とよく分からない達成感を感じる(笑)

映画自体のストーリーとしては、終わりを決める話ではなくて未来を想像させる話と思っていいのかな。
エンディングの受け止め方は人それぞれでいいのかなと思えた。

良かったと思う人もいるだろうし、
すっきりしない人もいるだろうし、
観るときのこちら側のテンションでも違ってくるかもしれないし。

あたしの中では、邦画は説明が少なくて観た人に判断を委ねるものが多い印象がある。
そこで考えてもらうことも作品の一部というか。
だから、個人的にとっつきにくい印象が強くて邦画は苦手なんだけど(-_-;)

BANDAGEも、説明の多い作品ではないと思うから、、
どう解釈したらいいか迷ってるシーンや登場人物の行動もいくつかあるんだよね。
もう何回か観たらわかるのかな…とも思うけど。

ただ、正直なところ、あたしにはアサコがさっぱりわからない(苦笑)
もうちょい共感できるとまた楽しみが増えると思うのに…。


ナツについては、
“赤西仁”のパブリックイメージを、良くも悪くもうまいこと利用したなぁと思った。
そういう意味では、このナツ役はなるべくして仁にお声がかかったんだなと。
小林さんが仁を指名した理由がわかってスッキリしたと勝手に思ってる(笑)


映画観てからこれまでの雑誌を読むと、またおもしろい。
これから整理しつつ、じっくり読み返してみたい。


 
本当に贅沢なものをいただいたなぁと思う。
 
あ~~楽しいったらっ!(≧ω≦)
 


コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。