スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日千秋

2008年09月06日 23:37

どーも、テンションが上がらん。
1-10までレベルがあるとしたら、2~5くらいを行ったりきたりしてる感じ・・・。

仁の露出はないけど、餓えてるってほどでもなく。
だからって満足してるわけでもなく。

次の「何か」がないから、自分の中で目標が定まらない。
どこに向かっていけばいいっていうのがなくて、ふらふらしてる感じかなぁ。


カツカツもなぁ。
ジョディ・フォスターとのデート。
つーか、デートっすか・・・・。

驚くほど冷静に見てました。
リアルタイムに見てましたが、まーーったくテンション上がらず。
だからってつまらないとかそういうんじゃなくて。
萌える余裕がないくらい、めちゃめちゃ真剣だったっていう(笑)


放送終わったら、すんごい疲れた。
「はぁ~~~」ってため息出たし。

そうかぁ。
仁はそういうこと考えてたのかぁ。
「マジで!?」って驚いたわけじゃなくて、「ヘぇ~~ほぉ~~」っていう。

仕事絡みのリアルにやりたいことって、あんまり仁から聞けることないから嬉しかった。
雑誌のインタビューって、どういう雰囲気で、誰が、どういう流れで、どういう聞き方して、どう答えたかってので
言葉の意味がだいぶ変わると思うんだよね。
流れ無視してそこだけ切り取っちゃうからだと思うけど、たまに、「は!?」って思うことある。

今回みたいに映像付きで見られたのはすごく嬉しい。
英語の解釈は色々あるみたいだけど(笑)


相手が誰だろうと、「対談形式」って、仁に合ってると思う。
こっち側でも向こう側でも復数になっちゃうと、ウケ狙いとか面白さ求めちゃったり、
遠慮しちゃったりで仁の本音が聞けないことが多い。
引きすぎるくらい引いちゃうもんなぁ。ほんと。
二人なら、仁も相手を直視するし、向こうも仁だけを見ることになる。
あ、精神的な意味で、です。
視線としては仁は直視できてない(笑)

そういう雰囲気でのちょっと踏み込んだ話を聞きたいんだよね。
笑いゼロでもかまわないし。

わちゃわちゃ楽しいのは、他メンと一緒のときでいい。


仁がこれからやりたいことかぁ・・・・・・・・・・とか、ぐるぐる考えちゃって、
この回は軽くリピることができなくなった(苦笑)


アホほど萌えて、アホほどリピってる「ひとり火サス」が平和で幸せに思える。(´ー`) ウフ


映画製作に関わる仕事、実現するといいなぁ。
喜んで応援する。
っつっても何をしたらいいのか分からーん(* ̄∇ ̄*)エヘ
まぁ、じんじん叫ぶことも応援の一種だからいっか。

需要があるってのは非常に大事なことです。
普通はそれでほとんどが始まるし決まるけど、例外もあり、それがあたしたち的には大問題なわけだけど。
分かってないんじゃなくて、分かっててスルーされるときはどうしたらいいんだか。

別にゴリプなんていらんし、そんなん恥なだけだし、「普通」にしてくれればうまくいくと思うんだけどなぁ。

仁の邪魔・・・・・・というのは正しくないか。
あたしが仁を見るのを邪魔するもの全てを排除したいと常に思ってます。
かーなり本気で。




・・・・・ほらね。
やっぱり明るくならん(笑)





コメント

  1. sachi♪ | URL | -

    お~い大丈夫?
    お疲れなのかな?

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. 佑 | URL | -

    >さっちんへ

    妙な書きかたしてごめん(-_-;)
    疲れてるけど、ふっつーに元気だから(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。