スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛タンは美味しかった

2008年07月01日 02:00

『KAT-TUN LIVE TOUR 2008 QUEEN OF PIRATES』
仙台公演も無事終了。

で、あたしも愛知に戻ってきました。
移動日で休みとってたんですけどね。
今日一日なーんもしてない( ̄∇ ̄ ;)

昼過ぎに名古屋着いて、京セラ分のチケ受け取って、家でダ~ラダラ・・・・・
仙台からの帰りをバスにしたから睡眠が中途半端なのが原因と思われる。
トータルではいつも以上に寝てるはずなんだけど、ちょいちょい眼覚めるから眠りが浅いんだろうなぁ。
・・・・・という言い訳のもと、夜までほぼ寝てた(苦笑)

おかげで、スピードレーサーの会見映像見逃しまくりだっつーの!!
友達に写メもらったし(サンクス!)、某所でも見る分には見ましたけどね。
・・・・・主役の俳優より背高いしスタイルいいしかっこいいやん(爆)


見逃しは、気合が足りないと思われる。
う~ん。
がっつき感がないというか。
生で見た後だから余計にそうなんだろうけど、TVで見るのって不思議な感じ。
会場で同じ空間にいても、やっぱその周囲は異空間なんだよなぁ。
うかつに触れちゃいけないというか、触るなオーラを感じるというか:・(`▽´)・: ケケ


今回のツアー、「赤西仁」についてはかなり満足してます。
ほんと、特に何も文句言うことない。
ソロもKAT-TUN曲も最高!!
今の仁を感じられて大満足。
最高で最強にかっこいい。
めちゃめちゃ幸せだな~って思う。
「赤西仁」を好きすぎることを確認してしもーた。
ほんと、それだけ。
ひたすらかっこいいし可愛いし。
うん、ほんと好きだわ。

 
 
 
ここからはかなり濃度の高い毒です。
言葉通り、自家中毒にならないための毒吐き。

今回のコンに関する個人的な感想にすぎませんが、読むならテンション下がる覚悟してからどうぞ。 
 
 
 
 
 

 
 
 
今のところ、広島3公演、仙台3公演入りました。
ペース早っ(笑) 
 
たーだ、仁に満足するのとコンに満足できるかどうかは別問題だということを痛感。
贅沢で勝手な悩み・・・・・ではないな。
別に悩んでるわけじゃないし。
ま、わがままな要求というか。
時間もお金も色々なものを使うわけだから、なるべく自分の満足できる相応のリターンを求めるのは当然。
使ってるのはそっちの勝手と言われてしまえばそれまでだけどさ。
完全なる趣味で自分の勝手でやってることだからこそ、中途半端になところで満足したくないんだよねぇ。
もちろん仕事も妥協しちゃいけないけど、それは自分ひとりの満足具合だけじゃなくてチームだったり
相手だったり色々あっての判断だからちょっと基準が違う。

オタ事なんてしょせん自己満足の世界だからこそ、我を通したいというか。
めいいっぱいわがままにいきたいわけです。
まぁ、勝手にあたしがそう思っててもどうにでもなるわけでもないし(^-^;A


今回のはKAT-TUNに対してってより、環境だとか周囲諸々に不満なわけだけど、
その環境を整えるのも本人たちの力だもんな。
結局はこのコンが、今のKAT-TUNを現してるってことなんだよね。
メンバーの実力だけじゃなくて、『KAT-TUN』ていうジャニの中でのひとつのプロジェクトとして。


さらに、あたしはジャニ全体が好きなわけではない・・・というか、すべてに興味があるわけじゃない。
つーか、興味ない部分のほうが多い(笑)
KAT-TUNがジャニーズ事務所に所属してるから多少ジャニについて知るようになったけど、
「ジャニの中で・・・・」ということを言われてもいまいち納得できないんだよね。
そんなんあたしの知ったこっちゃないって言いたくなる。
知っちゃこっちゃなくても、あたしが文句言っててもどうにもならないのがもどかしいしイラつく。
KAT-TUNが稼いだ金はKAT-TUNの給料なり経費なりに還元して欲しい。
あたしは、●●●のために金出してるんじゃないもーん。

ま、事務所も企業だから利益率の高いところで稼げるだけ稼いで、別部門に投資するってのは
ある意味当然の行為なんだけどさ。
そのへんの金の流れをあたしたちに説明する義務はないけど、見え見えで不満を持たれるようじゃ
だめだと思うんだよなぁ。
不信感持つだけやん。
それでもオタは金出すだろうって足元見られてるのが気に食わない。
出す自分も気に食わない。
ほんと、いびつな企業だし、不健全なタレントとファンの関係だとつくづく思う。


話がずれた。
仁は最高だし1曲1曲のパフォーマンスが良いからこそ、コン通すと物足りなさを感じている自分を自覚する。
ドンストとかヘルノーとかシックスとか僕街とか、毎回ゾクゾクして鳥肌立つし、涙も出るけどね。
そこの部分的な感動とは別意味なんだよね。
あれだ。
デザートが食事と別腹なのと同じで、満腹になる神経が別だと思うんだよね。

メンバーもそれぞれの曲を楽しんでるし、力入ってるのは十分に伝わってくるんだけど、
あっさりしすぎな終わり方とか、選曲とか、構成とか、セットとか諸々がどうにも・・・。
他の人はどうか知らないけど、少なくともあたしはそうだった。
1公演終わっても、多少足痛いくらいで疲れてないんだもん。 
不完全燃焼というやつですな。


でも、これだけ偉そうに好き勝手言っといてなんだけど、
よく考えたら100%満足するKAT-TUNコンて、行ったことないんだよなぁ。
デビューコンも漫画コンも、どちらも仁に満足してないから。
今回は仁に不満ないんだけど全体としては・・・・なかなかうまいこといかない。
とにかく、満足できるコンがどういうものか、比較対象はないわけです。
あえていうなら、DVD見ただけだけど、海賊帆かなー。

だから、グダグダ考えてると、「理想という名の妄想が激しいだけで、そもそもこんなもんかなぁ」と
思ったりもするし、「KAT-TUNはこんなもんじゃない!」とも思う。
常に上しか見てないってのもあるかなー。
つか、100%満足して何も不満のないコンなんてないんだろうね。
それに出会っちゃったら、もう、次がないもんな。
あたしは行かなくても平気になりそう。
その記憶があれば生きていける(笑)
そんな素晴らしいもの見た後に、下手なもん見たくないし。


だから・・・と言えるほどまとまってないけど、一応自分の中では気持ちの収まりはついてるので、
今のKAT-TUNが見せてくれるものがコレだというなら、この瞬間を見届けたいと思うのが結論。

不満もあるにはあるけど、見たいもんは見たい(・_・;)エー
この辺りが足元見られる原因か?
ま、しょうがない。



そんなこんなを悶々と考えつつ、スピードレーサーの会見映像探してるときに、余計なもん見て号泣。
24時間TVの手紙んとこは、いつ見ても鉄板で泣けるわー。

あれ見ると、仁が復帰したときの初心に帰るんだよね。
「KAT-TUNにいてくれればどんなんでも文句言わないから~~~(T△T) アウ~」って。
今でも自分のどこかにある本音なんだけどさ、レベル低っ!!

ま、すぐに忘れて文句言ってるけど(*´ー`) フッ
 

 
ここまで付き合ってくださった方がいればありがとうございます。
そして申し訳ないです。
  


コメント

  1. まこりん | URL | -

    なんか、わかりますよ
    わたしは別の意味でバテてましたが(笑)
    あれは不完全燃焼つうか、コン中だったか後だったかも言いましたが最後にいくにつれて下がってゆくコンではしょーもないです

    ほんと隣のA担が泣くくらいには赤西仁にはわたしも満足なんです
    でも足りないんですよね

    コンとしてはわたしは去年の東京ドームが最強だとまだ思ってます
    ソロがなくたってすごくいいコンでした

    あーもどかしいですね笑

  2. 佑 | URL | -

    >まこりんへ

    仙台はほんとにありがと~~<(_ _)>
    うるさくてごめん。
    叫ばないと物足りないんだよね。
    二人はめっちゃ踊ってたけどさ(*´▽`*)

    タクに向かう途中で言ってたんだっけ?
    下り坂なコンはないよね(苦笑)

    自分が見た中で最強なのはどこだろ。
    なんだかんだデビューのときの3/17ドームかなぁ。
    何しろ初生KAT-TUNだったし(笑)

    去年のドームは色々な付加価値ついちゃってて冷静に判断できない。
    生で見たときはかなり感動してたんだけど、DVDで見るとそうでもな・・・(爆)

    ほんと、もどかしい(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。