スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットというもの

2007年09月24日 23:32

そうですか。
『Hey! Say! JUMP』という名前なんですか。
10人ですかい。
そりゃまた、多いですな。

へー。
ほー。
ふーん。
・・・・・・・・・

としか、あたしには言いようがない(苦笑)

ま、わかりやすく一言で言いますと、よくも悪くも興味がない(爆)
あたしのキャパにJr.の入る枠はないのです。
そういうことです。


あ、でも。
そこで生じる人間関係的なものはちょっと興味がある。
年齢差と上下関係の逆転とか。
同グループ内で『Hey! Say! JUMP』に入ったメンバーと入らなかったメンバーの心情とか。

実は、『修二と彰』のときも、似たようなこと考えてた(^_^;)
自分の仁担としての感情とはまた別に、仁亀Pは何考えてんのかな~と。
どんなシチュエーションで誰がどう伝えたのかとか。
聞かされてどう答えたのかとか。
TVや雑誌で見たとき、仁はどう思ったのかとか。
亀orPといるときに見たら、どう反応するのかとか。
その他色々。

あたしがその正解を知ることは一生ない上に、あんま楽しくも幸せでもないんですけどね。
でも、どうしても面白い。

そのあたりの刺激が強いところも、ジャニの魅力ではないかと勝手に思ったりしてる。
とにかくゆっくりのんびり見てる余裕がないから、いつも必死になっちゃうし。
だからこそ、繰り返しに飽きることもないし。


グループの結成も解散も。
残酷なようにも思えるけど、『仕事』と思えば、ある程度、当たり前というかしょうがないとも思う。
ここで、「若い」なんてのは何の理由にもならないよね。
給料もらってるなら年齢関係なく仕事ですから。

プロジェクトを立ち上げたとき、メンバーに入れるか入れないかなんてしょっちゅうだし。
これまでのデビュー組のように、CDデビュー=半永久的なグループ活動が保証されてるとも思えないし。
そんなん、あたしごときに言われなくても一番身近で先輩を見てた本人たちが一番わかってるだろうし。

今後の自分たちの未来に向けて、野望に燃えてたらなにより。
その熱さ?それとも暑さ?に落ちる人がまたいるだろうし(笑)

とてもとてもありきたりですが、がんばるしかないよね。
応援してるから・・・・とは言えないけど(爆)



う~ん。
つくづく。
しみじみ。
身に染みる。

KAT-TUNて、幸せだよなぁ。
メンバーもファンも。
結成からデビューを経て、ずっと同じメンバーでやっていけるのって。
あ、メンバー的にはわかりませんが、ファン的にはちょい前に最大の危機もありましたが(苦笑)

あたしはanegoからですから、結成当時や昔からのファンの方とは思ってること・感じてることや、
そのレベルは違うかもしれない。
同じ時期からのファンでも、全員同じわけでもないと思うし。

KAT-TUNとしての活動、ソロでの活動、そこでの評価がいろいろであっても、
KAT-TUNで6人であり続けることに不安を感じることがなければいいなと思う。

メンバーもファンも。



コメント

  1. りん | URL | 5rvXY7vY

    そうだよね。
    KAT-TUNってのは、ある意味奇跡に近いって思うもん。
    近年で言えば、あの危機ですら乗り越えたしね。
    私はKAT-TUNを見て来た歴は長いけど、最初の数年はPって言うフィルターを通してのカツンしか見てないからさ。
    Pを追ってると必然的に視界に入って来る(笑)メンバー的にはどうなんだろうね・・。
    私が知ってる最初の頃は、仁と田口の2トップで事務所的にはプッシュしてたもん。
    いつの間にやら今のような展開だけど(笑)
    NEWSにしたって、噂されてたメンバーとは違ってた。
    確実に入ると思われてた彼もメンバーにはいなかった。
    Pも彼も確信してたと思うよ、一緒にやれるって。
    ふるいに掛けられて落とされる人と、思いも及ばなかった人が選ばれる・・。
    その基準ってのは、私達オタには考えも及ばないようなものなんだろうけど。
    頑張れば、一生懸命やれば報われるって世界じゃない事は確かな気がする。
    くさらず、地道に頑張って報われてる人なんてごく僅かだもん。
    今、そんな人がドラマに出て一般の人にも注目されて舞台でも頑張ってる。
    特別にファンでは無いけど「よかったね。みんなの頑張りの目標になれたね。」って心底嬉しく思う。
    ジャニ・・厳しい世界だよね。
    今日のコメは長くなった。ごめん。

  2. 佑 | URL | -

    >りんさんへ

    KAT-TUNも、なるべくしてなるようになったって気もしますよね。
    昔だそうだったときいても、今の状態に違和感感じないし。
    個人的には、仁と田口の2トップも見たかったけど(笑)

    約束も保証もなく頑張りが反映されないこともあるのを身をもって体験してるのに、腐らず続けてきたからこそ、今の彼だよね。
    今日、表紙の雑誌見てちょい感動した。
    半分は「かっこえぇ・・・・」っていう感動だけど(≧∀≦*)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bewonderfuldays.blog74.fc2.com/tb.php/306-9c4fd737
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。