スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KAT-TUNについて

2006年10月13日 17:58

亀ちゃん、一日お疲れ様でした。
長い一日だったよね。
もしかしてまだこれから撮影なのかな。
本当に、身体に気をつけて美味しいものたくさん食べて、無理しないでね。
あたしから言えた義理じゃないけど、これは本心だから。


今日はお休みでした。
中日優勝でセールに行くつもりだったのに全く購買欲が湧かない。
ずっと家にいて、色々なブログを読みつつ、デイリースポーツに腹立てつつ、KT-TUNのことを考えていました。
他の方の意見や考えに触れるのはいいですね。
自分の気持ちを再確認できたり、新しく気付けたりする。

で、自分の本音を掴んだら、仁に怒って悲しむのにちょっと疲れてきたみたい(苦笑)


騒動になってしまった流れを考えていたら、どうにもムカムカするのがデイリー。
事務所が公式発表するくらいだから、デイリーが報じなくてもいずれ発表するつもりだったと思う。
もっと、ファンもスポンサーも色々納得させられるまたは説明のできる形で。
こんなひどい混乱した状況になったのは、デイリーのスクープがあったからだよね。
ただの八つ当たりだってのは理解してるけど、今さら文句言っても始まらないけど、腹が立つ。

事務所がいずれ発表するつもりだったとしても、「ひと恋」主題歌はどう説明するつもりだったのか、疑問は残るなぁ。
ドラマ始まって、主題歌を流さないなんてありえないよね。
↓でも書いたけど、仁が歌ってないなんてすぐに分かる。
そこで別の混乱が生じても、公式発表するまではノーコメントで通すつもりだったのかな。
それか、「ひと恋」初回放送後に発表する予定だったのか。
なんかそれっぽいなぁ。

いつ聞いても、どこが第一報でも。
最初の衝撃は違うかもしれないけど、あたしは結局同じ状態になってた気がする。
仁がいないことには変わりはないから。

こんなに遠い人をこんなに好きになったのが初めてなので、どう対処していいかわかんないや。
今後、こんなに好きになるタレントなんて絶対いない。
リアルの好きな人とか恋人の方が自分でケジメつけられるし、相手からもケジメをつけてもらえるから楽だなぁ。

そうなんだ。
自分の中でこの件の「ケジメ」をつけたいから、仁にも「ケジメ」をつけて欲しい。
事務所の紙一枚で終わらすんじゃなくて、仁の言葉で聞きたい。
今、仁がKAT-TUNからいなくなることがどれだけ大きなことか、事務所も仁も分かってるんだから。

KAT-TUNの解散はないとか、仁の脱退はないとかスポーツ誌とかに載ってたけど、あれはどこの情報なんだろう。
ホントに事務所がそう回答したのかな。
だったら、最初からあの文章の中にそれを入れておいてよ。
そこが一番心配で不安でどうしようもないところなんだから。

今一番気になるのは、KT-TUNが今回の仁の動きをどう思ってどう受け止めたのか。
事務所の本音は置いといて、仁本人は、半年後?に戻れるとか、メンバーやファンが待っててくれるとは考えていない気がする。
そもそも戻るつもりがない気がしてならない。
ジャニーズでの、KAT-TUNでの全てを失う覚悟をしてると思う。
何の根拠もないけど、そこまで楽天的じゃないでしょ。

でも、メンバーが、仁は戻ってくると思って待っててくれるなら、あたしもそう思うようにする。
「戻る」ためには、「戻る場所」がなきゃ。
「おかえり」って言う人がいなきゃ。
彼らが待っててくれるというなら、あたしは事務所もマスコミも噂も何も怖くない。
仁がいない日々にイライラしてぐちるだろうけど、不安には思わない。
色々な所にいっぱい「借り」を作ったんだから、それを返すためにもさっさと帰って来い!って仁に思うだけ。
はやく帰ってこないと浮気するぞ!って(笑)

KT-TUNが認めてくれてなくて、仁が強行突破したなら・・・・・。
そうではないと願いたいけど、仁が本気で決めたなら誰に反対されようとやりかねない。
辛いなあ。

KT-TUNが認めてくれてたとしても、これからの影響を考えると申し訳なくてしょうがない。
ファンの甘目線ってことじゃなくて、KAT-TUNにとって仁は必要な人間だと思うから。


今日のWSは亀ちゃんの出てた番宣以外は見てない。
どうせ好き勝手に言われるだけだし、WSで流れる情報なんて大したことない。
あたしたちと同じで、想像・推測でしかない。
情報収集したいだけなら、ネットの方がマシ。
真偽の分からないひどい情報の方が多いけどね。

亀ちゃん、笑ってた。
また痩せたのかな、なんとなく硬い表情に見えた。
今亀ちゃんが何を思ってるかわからないけど、仕事の邪魔してゴメンナサイ。
KAT-TUNとは直接関係ないけど、綾瀬はるかってホントに天然だったんだ。
いやいや、面白かった。 ̄m ̄ ふふ

ズームインで、羽鳥アナが何も言わずに労わるように亀ちゃんの肩を揉んだのが泣けてきた。
亀ちゃんも気付いてたよね。
ズームインは仁もお世話になったもんね。

仁からの説明も聞きたいけど、それと同じくらいKT-TUNがどう受け止めたのか聞きたい。
きっとそれからじゃないと、自分の中で「ケジメ」がつけられないよ。
訳も分からず悲しんだり怒ったりするのはもう嫌だ。

たまたまエイトファンの方のブログを見た。
仕事ができる状況にあるのにそれを放棄するのが許せない、したくてもできない人もいるのにって。
ファン以外から見るとそう見えるのかな。
仁が放棄したとは思わないけど、自分ができる仕事をするのもしないのも本人が決めることだと思う。
それに伴うプラスもマイナスも、全て責任を取るのは本人なんだから。
あたしを含め、責任の取れない他人がどうこういう筋合いじゃないと思う。
あたしが仁の休業について思うのは、ひたすら悲しいってことだから。

「海外留学しないで欲しい」とも「絶対にKAT-TUNに戻ってきて欲しい」とも言えない。
めちゃくちゃそう思ってるけどね。
あたしは仁の人生に責任は取れないから。
仁がそう生きたいなら、受け入れるしかない。
あたしは「赤西仁」を好きになったんだから。
今もずっと好きなんだから。

もう「好き」を超えて「愛してる」領域に到達した気がする('-'*)フフ
今回の件で気付いたのが複雑だけど。

ファンを続けるとかやめるとかじゃなくて。
自分の気持ちを整理して前に進むために、「ケジメ」つけたいんだけどな・・・・・・。
それすらもさせてくれないんだろうか。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bewonderfuldays.blog74.fc2.com/tb.php/110-7894499e
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。