FC2ブログ

KAT-TUNについて

2006年10月13日 17:58

亀ちゃん、一日お疲れ様でした。
長い一日だったよね。
もしかしてまだこれから撮影なのかな。
本当に、身体に気をつけて美味しいものたくさん食べて、無理しないでね。
あたしから言えた義理じゃないけど、これは本心だから。


今日はお休みでした。
中日優勝でセールに行くつもりだったのに全く購買欲が湧かない。
ずっと家にいて、色々なブログを読みつつ、デイリースポーツに腹立てつつ、KT-TUNのことを考えていました。
他の方の意見や考えに触れるのはいいですね。
自分の気持ちを再確認できたり、新しく気付けたりする。

で、自分の本音を掴んだら、仁に怒って悲しむのにちょっと疲れてきたみたい(苦笑)


騒動になってしまった流れを考えていたら、どうにもムカムカするのがデイリー。
事務所が公式発表するくらいだから、デイリーが報じなくてもいずれ発表するつもりだったと思う。
もっと、ファンもスポンサーも色々納得させられるまたは説明のできる形で。
こんなひどい混乱した状況になったのは、デイリーのスクープがあったからだよね。
ただの八つ当たりだってのは理解してるけど、今さら文句言っても始まらないけど、腹が立つ。

事務所がいずれ発表するつもりだったとしても、「ひと恋」主題歌はどう説明するつもりだったのか、疑問は残るなぁ。
ドラマ始まって、主題歌を流さないなんてありえないよね。
↓でも書いたけど、仁が歌ってないなんてすぐに分かる。
そこで別の混乱が生じても、公式発表するまではノーコメントで通すつもりだったのかな。
それか、「ひと恋」初回放送後に発表する予定だったのか。
なんかそれっぽいなぁ。

いつ聞いても、どこが第一報でも。
最初の衝撃は違うかもしれないけど、あたしは結局同じ状態になってた気がする。
仁がいないことには変わりはないから。

こんなに遠い人をこんなに好きになったのが初めてなので、どう対処していいかわかんないや。
今後、こんなに好きになるタレントなんて絶対いない。
リアルの好きな人とか恋人の方が自分でケジメつけられるし、相手からもケジメをつけてもらえるから楽だなぁ。

そうなんだ。
自分の中でこの件の「ケジメ」をつけたいから、仁にも「ケジメ」をつけて欲しい。
事務所の紙一枚で終わらすんじゃなくて、仁の言葉で聞きたい。
今、仁がKAT-TUNからいなくなることがどれだけ大きなことか、事務所も仁も分かってるんだから。

KAT-TUNの解散はないとか、仁の脱退はないとかスポーツ誌とかに載ってたけど、あれはどこの情報なんだろう。
ホントに事務所がそう回答したのかな。
だったら、最初からあの文章の中にそれを入れておいてよ。
そこが一番心配で不安でどうしようもないところなんだから。

今一番気になるのは、KT-TUNが今回の仁の動きをどう思ってどう受け止めたのか。
事務所の本音は置いといて、仁本人は、半年後?に戻れるとか、メンバーやファンが待っててくれるとは考えていない気がする。
そもそも戻るつもりがない気がしてならない。
ジャニーズでの、KAT-TUNでの全てを失う覚悟をしてると思う。
何の根拠もないけど、そこまで楽天的じゃないでしょ。

でも、メンバーが、仁は戻ってくると思って待っててくれるなら、あたしもそう思うようにする。
「戻る」ためには、「戻る場所」がなきゃ。
「おかえり」って言う人がいなきゃ。
彼らが待っててくれるというなら、あたしは事務所もマスコミも噂も何も怖くない。
仁がいない日々にイライラしてぐちるだろうけど、不安には思わない。
色々な所にいっぱい「借り」を作ったんだから、それを返すためにもさっさと帰って来い!って仁に思うだけ。
はやく帰ってこないと浮気するぞ!って(笑)

KT-TUNが認めてくれてなくて、仁が強行突破したなら・・・・・。
そうではないと願いたいけど、仁が本気で決めたなら誰に反対されようとやりかねない。
辛いなあ。

KT-TUNが認めてくれてたとしても、これからの影響を考えると申し訳なくてしょうがない。
ファンの甘目線ってことじゃなくて、KAT-TUNにとって仁は必要な人間だと思うから。


今日のWSは亀ちゃんの出てた番宣以外は見てない。
どうせ好き勝手に言われるだけだし、WSで流れる情報なんて大したことない。
あたしたちと同じで、想像・推測でしかない。
情報収集したいだけなら、ネットの方がマシ。
真偽の分からないひどい情報の方が多いけどね。

亀ちゃん、笑ってた。
また痩せたのかな、なんとなく硬い表情に見えた。
今亀ちゃんが何を思ってるかわからないけど、仕事の邪魔してゴメンナサイ。
KAT-TUNとは直接関係ないけど、綾瀬はるかってホントに天然だったんだ。
いやいや、面白かった。 ̄m ̄ ふふ

ズームインで、羽鳥アナが何も言わずに労わるように亀ちゃんの肩を揉んだのが泣けてきた。
亀ちゃんも気付いてたよね。
ズームインは仁もお世話になったもんね。

仁からの説明も聞きたいけど、それと同じくらいKT-TUNがどう受け止めたのか聞きたい。
きっとそれからじゃないと、自分の中で「ケジメ」がつけられないよ。
訳も分からず悲しんだり怒ったりするのはもう嫌だ。

たまたまエイトファンの方のブログを見た。
仕事ができる状況にあるのにそれを放棄するのが許せない、したくてもできない人もいるのにって。
ファン以外から見るとそう見えるのかな。
仁が放棄したとは思わないけど、自分ができる仕事をするのもしないのも本人が決めることだと思う。
それに伴うプラスもマイナスも、全て責任を取るのは本人なんだから。
あたしを含め、責任の取れない他人がどうこういう筋合いじゃないと思う。
あたしが仁の休業について思うのは、ひたすら悲しいってことだから。

「海外留学しないで欲しい」とも「絶対にKAT-TUNに戻ってきて欲しい」とも言えない。
めちゃくちゃそう思ってるけどね。
あたしは仁の人生に責任は取れないから。
仁がそう生きたいなら、受け入れるしかない。
あたしは「赤西仁」を好きになったんだから。
今もずっと好きなんだから。

もう「好き」を超えて「愛してる」領域に到達した気がする('-'*)フフ
今回の件で気付いたのが複雑だけど。

ファンを続けるとかやめるとかじゃなくて。
自分の気持ちを整理して前に進むために、「ケジメ」つけたいんだけどな・・・・・・。
それすらもさせてくれないんだろうか。
スポンサーサイト

仁活動休止についての今の気持ち

2006年10月13日 03:13


事務所の発表文を読んで、今はこれ以上考えたくなかったので寝ようと思いましたが、全く眠れない。
昨日も睡眠時間短かったから、身体は睡眠を必要としているはずなのにな。

とりあえず今の想いを書いて置くことにしました。
外に出すことで落ち着くこともあるし。
・・・・・・逆に凹む可能性も大アリなんですけどね。・・……(-。-) ボソッ


活動休止のニュースを最初に知ったのは、朝8時頃。
毎朝出勤前に一般ニュースと仁絡みのニュースや録画番組のチェックをするのが日課なのですが、今日は寝起きにかなりキツイ一発でした。
頭の中が真っ白になるってこういうことなんだって、実感した。
大まかなところは信用しているサイトで確認したけど、どうしても自分の目で確かめたかった。
デイリースポーツは近所では売ってないので、ネットへの記事UPを待つしかなかった。

今は何もできることがないとわかったら、自然に身支度して車乗って会社に向かってた。
習慣ってすごいなぁ。
ちゃんと化粧してたし、服も選んでて、靴下も靴も両足揃ってたし(笑)

いつもなら、KAT-TUN曲や仁曲聴きながらの通勤だけど、今日は何も聴く気になれなかった。
ホント、あの精神状態でよく事故らなかったな、あたし。

会社に着いてしまえば、普通の日常が待っていて仕事に忙殺されて。
本当に今日は仕事があって良かった。
休みだったら、一日中仁のことばかり考えてしまって、少なすぎる情報に振り回されて散々だったと思う。

デイリー記事の詳細が確認できるだろう時間になっても、最初は怖くてチェックできなかった。
あれだけ自分の目で確認したかったはずなのに。
夕方になって、自分を追い込んでやっと記事を読んだ。
怖いから知りたくないけど、仁を好きだからこそ知らなくちゃならないから。

デイリーでは、仁の休業が確実なことだけは分かった。
他紙の情報はないし、公式発表もないし、そのまま信用してよいのか微妙だからなんとも言えなかったけど。
ここでは新しい衝撃はなかったな。
あったら、会社では泣けないから困るわ(-_-;)

朝は驚きすぎて涙は一滴も出なかったけど、帰宅途中はひどかった(苦笑)
車通勤で一人の空間なのを良いことに、会社出てから家に着くまでずーっと泣いてた。
悲しくてどうしようもなくて泣いたの、3年前に祖母が亡くなった時以来だろうな。
いい歳してみっともないったりゃありゃしない。

家に着いて家族に泣き腫らした顔を見られて、理由が理由だけにかなりに引かれた(笑)
いいんだよ、放っといてよ。

見なきゃいいのに、ネットで色々な噂も含めた情報を目にしてムカムカしつつ、公式発表を待った。

「実はガセでした!あんなの信じちゃって馬鹿だな、アタシ☆」なんて都合の良いことを本気で期待していたわけではないけれど。
事務所の発表文を読んで、さらに落ちました。

あの文面だけをそのまま受け取ってしまうと、正直仁に腹が立った。
「海外」で「勉強」って、なに勉強するの?
語学?
なんでこの時期に?
これまで延期してたなら、もう少しくらい延期してよ。
デビューコンDVDもまだなんだよ?
KAT-TUNで連ドラ初主題歌だよ?
そこに仁がいなくてどうすんの。
仁がいなくてKAT-TUNが成立すると思うの?
Aって誰だよ。

色々考えると、「海外留学」ってのはなんとも思わなかった。
仁休業の理由として上げるなら、さもありなんって感じだし。

本当に海外留学するのかもしれないけど、活動休止の前提が「海外留学するため」とは思えない。
仁はワガママかもしれないけど、そこまで自分勝手じゃないよね。

あたしにとっては「仁が芸能活動を休止する」ってのが一番重要で。
例え真実がもっとあたしにとって辛いことでも、もう少し仁の言葉で説明して欲しかった。

あたしが打ちのめされたのは、「仁の活動再開を待ってて下さい」とか、「6人のKAT-TUNを待ってて下さい」とか今後に期待できる言葉が何もなかったこと。
「残念だけど、仁がそう言うならしょうがないから待つか!」って思えるメッセージが全く伝わってこなかったこと。
マスコミだけじゃなくてファンに向けたメッセージでもあるんだから、もう少し考慮して欲しかった。
それとも、これから仁が直接報告してくれるの?

暗に「仁の復活を期待するな」って言われてるみたいで、辛い。
深読みしすぎかな。
「当分の間、KAT-TUN は、5人で活動させていただきます」ってのも、さらに不安が募った。

“いずれ仁が復帰して6人に戻るから”とも、“KAT-TUN解散もある”にも聞こえて。

このニュースを聞いて、もちろんショックだったけど、「やっぱり・・・」思ってしまった。
仁ファン、KAT-TUNファンが最近ずっと感じていた不安が現実になっちゃったって思った。
仁が決心したら誰にも止められないって、冗談じゃなくなっちゃったよ。
もう笑えないね。


そんなに辛かったのかな。
そんなに苦しかったのかな。
24時間TV以降は吹っ切れたように見えたけど、あたしが渇望していた方向じゃなかったんだね。
あの時にはもう、こうしようって決心しちゃってたのかな。
仁がそう決心するまで何もできなかったし、今もできないし、これからもできないのが悔しい。

どこに行っても何をしてても仁は仁だけど、それを見守ることさえできないのを悲しい淋しいと思うのはワガママだろうか。
あたしは心が狭いので、「仁が幸せならどこで何をしていても良い。仁の幸せがあたしの幸せ」・・・・なんて思えないし、今は思いたくもない。


本当に半年で戻ってきてくれるのかな。
また仁に会えるのかな。
「いってらっしゃい」でいいのかな。
「おかえりなさい」って言わせてくれるのかな。
またKAT-TUNを見られるのかな。
レインボーホールで「キャー!」て叫べるのかな。


仁が休業すること自体もショックだけど、それをこの時期に発表するってのも理解不能。
メンバーが二人も出演するドラマの初回直前だよ。
番宣前日だよ。
ありえない。
もしかしたらこの時期の発表は、事務所としても仁としても本意じゃなかったのかもしれないけど。

「ひと恋」主題歌については公式発表はないけど(だよね?)、デイリーの記事通りなら仁の声は入ってないんだよね。
そんなのファンが聴けば一発でわかるよ。
5人の曲になってしまったなら、なんでもっと早く発表しなかったんだろう。
この1曲くらい仁も参加できなかったのかな。
CD買うかもしれないけど、聴けそうにない。
仁の声が聴こえないKAT-TUNの曲なんて聴きたくない。
KAT-TUN曲だって認めたくない。

早く確情が欲しいな。
この曲は“6人のKAT-TUN曲”だって、まだ期待してちゃダメなのかな。
だって、スポニチは小田さんが6人のレコーディングに立ち会ってくれたって書いてたじゃない。

あたしが言うべきことじゃないけど、亀ちゃんゴメンね。
聖もゴメンね。
こんな時期に周りがうるさくなっちゃって。

じゅんのも、竜ちゃんも、ゆっちも。
どんな気持ちでいるんだろう。

仁はどうやってみんなに説明したんだろう。
みんなは反対したんだろうか。
最初から認めてくれたんだろうか。
納得して認めてくれたなら、どうやってそう思えたのかあたしに教えて欲しい。
それを聞いたら、あたしも穏やかに仁を待てるかもしれない。

やっぱり仁の言葉で直接聞きたいよ。
そうしたら、涙でぐちゃぐちゃの顔でも笑って「行ってらっしゃい!」って送り出せると思うから。




・・・・・・・・・・・。
文章がいつにもまして支離滅裂ですみません。
全てが悲しいし、全てに腹が立っているのが今の正直な気持ちです。

とてもじゃないけどしばらく浮上できそうにないので、落ちるところまで落ちていようと思います。
とことん落ちてからじゃないと上を見ることができないので。
けっこう自分で傷をえぐるの好きなんです(苦笑)
このブログは今まで以上に不定期になると思いますが、しばらくは続けます。
だって、今毎日書いたら嫌な言葉しか出てこないって。